アゴ削りの整形手術で理想のフェイスラインに

ダイエットでは変えられなかった顔の形

ダイエットでは変えられなかった顔の形 / 手術から3ヶ月以上…そして理想のフェイスラインに

顔が全体的に四角っぽく見えて男性的な雰囲気になってしまうのは、アゴがしっかりとし過ぎているせいだということは昔から分かっていました。
いくら肌を綺麗にするためのスキンケアを頑張っても顔の形は変えることができませんので、子供の頃からアゴの形にとても強いコンプレックスを持っていました。
ダイエットをした時、全体的にスッキリしたのに顔を見るとそれほど痩せたようには思えず、周りの友人達からも「ダイエットはもうやらないの?」と聞かれて、やはり顔を変えなければ綺麗になることができないのだとガッカリしたことを覚えています。
美容整形外科に相談に行ったところ、私の場合はアゴといってもエラ部分が張っているために顔のシルエットがしっかりとして見えてしまうということが分かりました。
そのため、アゴ削りではエラ部分で削っていくことで憧れのスッとしたラインを作ることになりました。
最初は医師と相談しながら実際に削った場合にどうなるのかをパソコンの画面を見ながら確認したのですが、ほんの少し削るだけでもかなり印象が変わりましたので、最初の画像を見た瞬間から手術を受けることに前向きになっていました。
パソコン上には自分の顔が映し出されていて、少しずつ削る量を変えながらどの程度が理想的なのかということを話し合いました。
私の希望ではもっとたくさん削って欲しいと思っていたのですが、医師からそれ以上削ると下顎の骨付近には多くの神経が通っているために問題が生じる可能性があるということで、出来うる限りの範囲内で削ってもらうことになりました。
実際の手術で行われた方法は、口の中から切開を行って下顎角を切除する方法です。
一度手術を行えばずっと効果が持続されるということで、継続的に通院する必要がないという点が魅力的に感じました。
口の中から切るのなら外側からの傷跡が目立たないという点も手術に踏み切れた理由であり、周りの人から気付かれずに整形手術を行えるかもしれないと考えました。

アゴ削り顎形成